困ったことがあれば、「まずは東美さんへ」が合言葉になっています。

東美と出会う前の「課題」

当時社内メンバーも1名+数名のアルバイトさんという中、方面別カタログ27種の年2~3回の改廃と、代理店用カタログ10方面✕4、その他月数件の販促チラシ作成の工程管理を、実質リーダー1名で管理している状態。何とかカタログはできあがるが、ほぼ制作会社任せ。

東美さんが担当になった際、出向社員のような状態でべったり入り込み、作成の工程管理をはじめ、制作にかかわるノウハウを惜しみなく伝授していただいたようです。

東美との出会いのきっかけは?

約10年前、組織変更により、当時の制作チームリーダー+社員2名の体制に。
私も営業からの異動でかかわることになり、その時の担当制作会社さんが東美さんでした。
数年前からのコンペに勝ち続け、制作の最前線でがっちり手を組んで進んでいた状況です。

東美によって課題解決につながった事例は?

全ての事が課題解決につながっています。
費用・納期・代替案・・・あらゆる無茶振りや難題を一緒に考えてくれて、乗り越えてきました。

特に各部署の発者が制作関連の知識がなく、依頼のタイミングも手間もよく分からない中無邪気に希望を出しているだけの状況だった弊社で、社内情報の管理方法、からオリエンの仕方、業界用語の説明、制作会社として欲しい情報を根気よく優しく教育いただき、制作に関する理解を深めさせる行動に感謝です。

わからないこと、困ったことがあれば、
「まずは東美さんへ」が合言葉になっています。

出会った頃と今の印象の違いは?

出会ったころから「お客様のビジネスに貢献する」「真心を込めて応える」をモットーに動かれていました。
時代の流れで弊社も制作物の内製化、通販印刷の活用が進む中、基本的に何も変わらず「困っている担当者のために」と走り回っていただいています。
感謝、感謝。

東美でよかったエピソードは?

エピソードだらけ。全ての案件が東美さんでよかった!です。

  • 金曜日夜に依頼、月曜日北海道で使うロゴ入り紙袋必要。何とかして。
  • 都内各所を駆け回り、白地の紙袋を買占め、緊急印刷。
  • 北海道へ向かう担当者へ空港で引き渡し、滑り込みセーフ。

締め切りギリギリの他制作会社作成の印刷用入稿データ。入稿条件に合わないデータを肩代わり対応。何とか間に合わせてセーフ。

東美の悪かった点、弱い点は?

「優しさ」「正直さ」
 弊社ミスの案件や環境変化に伴う案件でも、弊社担当から「今回は・・」と煮え湯を飲まされていることもしばしば。おかげで救われた事案は数知れず、こちらとしてはいいのですが、「東美さん、そこまで・・・」

もう少し商売人としての色を濃くしてもいいかも。

制作会社に求めることは?

素人が持っていないアイデアを積極的に提案してくれたり、「できない」要望の代替案を示してくれたり、プロならではの知識や経験に基づいた意見をくれたり。プロとして一歩先行く存在であってほしい。

お客様の将来の展望と東美への今後の要望は?

今、弊社はあらゆる新分野への挑戦をしています。紙媒体だけでなく様々な制作物など過去に経験のない案件が出てくると思われます。
これからも「言ったこと以上のことをしてくれる」「先を見据えて提案してくれる」良き相談者・解決者として居てください。

会社情報 レッドホースコーポレーション株式会社

藤尾様

通販・ネット販売、専門店(食品・日用品)、旅行・観光、専門コンサルティング

各種旅行用品の開発・販売、世界各国の雑貨、民芸品および食品の輸入・販売、国内特産品の開発・販売、国内特産品の開発・販売、自治体の地域活性化を目的としたコンサルティング、インバウンド旅客向け事業、娯楽と教育を融合するエデュテインメント事業、ウェルネス商品の販売

レッドホースコーポレーション株式会社様のウェブサイトはこちら